お肌の掻き壊しを保湿バリアでストップ!これで夜泣きも怖くない!

実感できなければ、全額返金保証。赤ちゃんのための長時間保湿&保護クリーム

公式サイトは以下の画像をクリック!↓↓↓

赤ちゃんの夜泣きが起こる時期はいつからいつまで?

いつからいつまで

夜泣きは、個人差がありますが、生後3ヶ月頃〜1歳6ヶ月頃まで続きます。

 

でも、全く夜泣きしない子もいれば、2歳まで夜泣きが続く子も、実にさまざまです。

 

多くのママさんの調査によると、ピークは生後6ヶ月〜9ヶ月頃だと言われています。

 

 

「安眠の環境が整っているのに、泣いてしまう・・・」

 

「オムツは代えたし母乳もあげた後で大丈夫なのに泣く理由が分からない・・・」

 

毎晩、ママを困らせる「夜泣きの時期はいつまで続くの?」とブルーな気持ちでいっぱいかも知れません。

 

 

夜泣きの原因はまだ解明されていません。

 

ですが、一説によると、生後6ヶ月頃にもなると、赤ちゃんの脳の発達スピードが高まってくることで、日中に起こった記憶を整理できる力が付いてくるそうです。

 

脳がめまぐるしく働いている時期だからこそ睡眠が浅くなっていると分析される専門家もおられます。

 

 

その他にも、「家族の顔も徐々に認識出来きて、起きたら横にママがいなかった」

 

「日中、寝すぎたため夜の睡眠が浅くなってしまった」

 

「赤ちゃん自身の性格や気質」など、

 

夜泣きにつながると考えられる原因は、色々な面が重なって現れるので、これといった対策が難しいのです。

 

ただ、「ベッドから布団での寝かしつけに変えた」

 

「昼寝の睡眠時間を減らした」

 

「添い寝のときの暇つぶしにスマホみるのをやめた」

 

などで、夜泣きが減ったということもあるようなので、そういった行動を見直してみることで、夜泣きの時期はグッと短縮できるのかも知れません。

いつからいつまで

 

辛い夜泣きの時期を迎えられていて、いつまでこの苦しみが終わるのかと悩んでいるママさんもおられるかと思いますが、はっきりと言えるのは、「夜泣きの時期は子供と共に過ごす人生の中では一瞬」です。

 

このような体験は何度も出来るわけではないし、子供を授かることができた方でしか味わうことができません。

 

この時期を振り返るときっと良い思い出になりますよ。
(私もそうでしたから。。。)

 

 

⇒泣く理由が分からない!夜泣き解消は生活リズムから!