お肌の掻き壊しを保湿バリアでストップ!これで夜泣きも怖くない!

実感できなければ、全額返金保証。赤ちゃんのための長時間保湿&保護クリーム

公式サイトは以下の画像をクリック!↓↓↓

アトピー赤ちゃんをグッスリ寝かすためにできる7つのポイント

 

アトピー赤ちゃんに、ぐっすり安眠してもらうためには、睡眠環境が重要!

 

寝不足で成長の妨げにならないように、熟睡させてあげたいですね。

 

ここでは、赤ちゃんの安心して眠れる睡眠環境づくりのポイントを挙げてみます。

 

寝具に気をつける

寝具

布団には無数のダニやホコリがあり、かゆみの原因となります。

 

こまめに天日干したり、掃除機などでホコリやダニの死骸を吸い取り、清潔にしておきましょう。

 

また、硬すぎるマットレスは寝心地が悪くなりますし、柔らかすぎるものは窒息したりするので注意が必要です。

 

室温に気をつける

温度計

赤ちゃんは、大人よりも平熱が高く、36.5℃〜37.5℃と言われています。

 

室内温度が高く、体温が上がると、かゆみが増します。

 

赤ちゃんは体温調整が未熟なので、体内に熱をこもらせやすいのです。

 

大人の快適な室温が、赤ちゃんにとって暑すぎることもあるので、エアコンでの室温調整や薄手の衣服や布団などで調節してあげましょう。

 

就寝前のお風呂に気をつける

お風呂

お風呂あがりのリラックスした状態は、眠気を誘います。

 

ただ、熱すぎる湯船につかってしまうと、興奮して寝付けなくなるので湯船の温度は、夏は38℃、冬は40℃、春、秋は39℃を目安としてください。

 

長湯も体がほてりきって、かゆみを強めますので10分以内にとどめましょう。

 

寝かし付け45分前には、お風呂を済ませておくと、適度に体温がさがり、かゆみを感じさせることなく心地よく眠りについてくれます。

 

日中は太陽の光を浴びさせておく

太陽の光

天気の良い午前中は10分程度でもよいので、お散歩に連れ出しましょう。

 

朝の光を浴びさせることで体内時計がリセットされます。

 

夜は、お風呂で体が温まり、副交感神経が活発化した後は、次第に体温が下がっていき、快眠モードに入るというリズムを作ることが出来ます。

 

また、日中は、できる限りパパやママが遊んであげることで、気分も解消されるし、新陳代謝も活性化されます。

 

新陳代謝が良くすることで、汗腺機能も高まるのでアトピーの改善にもつなげることが出来ます。

 

睡眠前にテレビやスマートフォンは禁物

赤ちゃん スマホ

明るい照明の中では、快適な睡眠をとることができません。

 

寝てくれたとしても浅い眠りになってしまい、夜泣きの原因をつくります。

 

体内時計に従って日暮れ時刻にあわせて、次第に室内も暗くしていくことが理想なのです。

 

でも、睡眠前までブルーライトを放つテレビを見させていたり、スマートフォンを見せてしまう行為は、体内時計を狂わす行為。

 

視覚的に刺激を受けて興奮してしまうこともあるので、注意したいところです。

 

赤ちゃんと添い寝中のママさんは、ついついスマホを見てしまいがちですが、赤ちゃんの安眠の妨げになるので控えたほうが良さそうです。

 

外部の騒音、室内の生活音に注意

騒音

赤ちゃんは、睡眠リズムが未熟なため、睡眠がどうしても浅くなりやすのです。

 

そのような時、少しの音でも目を覚ましてしまうこともあるでしょう。

 

赤ちゃんの寝室は「外からの音が聞こえにくい部屋」を選ぶことが望ましいです。

 

「車の行き来が多い道路」「近所から聞こえる生活音」など大人にとって気にならない音でも、赤ちゃんにとって安眠の妨げになることもあります。

 

窓が大きな部屋を寝室とするなら、厚めのカーテンなどを利用して、外部からの音を軽減させます。

 

夏場の熱帯夜は、窓を開ける機会も多いですが、安眠できる環境を作るためには、窓を締め切ってエアコンなどで対応する方が良いですね。

 

また、赤ちゃんの寝入りばなは、出来るだけ室内からの生活音にも気をつけて、過ごしてあげましょう。

 

生活リズムを整える

赤ちゃん 起きる

「決まった時間に起きて、決まった時間に寝る」

 

これは、赤ちゃんにとっても大事なことで、心地よくぐっすり睡眠につくために欠かせないことです。

 

赤ちゃんの平均睡眠時間は1日に12〜14時間なので、遅くとも21時までには寝かしたいところですが、夜になかなか寝つけない場合でも、朝は決まった時間に起こしてあげるようにしましょう。

 

睡眠リズムは、朝の起きる時間が基準となるので、朝の時間を調整することで、睡眠のリズムは整ってきます。

 

朝はカーテンを開けて日の光を浴びさせれば、睡眠ホルモン「メラトニン」の分泌が止まるので心地よく目覚めてくれるでしょう。

 

朝の光を取り込みながらママが優しく声をかけてあげるのも効果的です。

 

お昼寝は、夜寝る時間の4時間前までに起こしてあげると、夜の睡眠を妨げません。

 

赤ちゃんの規則正しい生活リズムは、安眠を約束されるだけでなく健全な発育や発達に大きく影響をあたえますよ。

 

 

⇒眠いはずなのに・・・なぜ寝てくれないの?目がギンギン赤ちゃん対策とは?