お肌の掻き壊しを保湿バリアでストップ!これで夜泣きも怖くない!

実感できなければ、全額返金保証。赤ちゃんのための長時間保湿&保護クリーム

公式サイトは以下の画像をクリック!↓↓↓

赤ちゃんが夜泣きする具体的な原因って何?

夜泣き

 

夜泣きの原因は、睡眠サイクルであると考えられていますが、「広い意味での夜泣き」ということでは、赤ちゃんが不快な状態も大きく影響しています。

 

そのような赤ちゃんを不快に思わす原因を以下に挙げてみます。

オムツのムレ

オムツ換え

オムツがムレて気持ち悪いと、赤ちゃんは確実に大泣き。

 

お尻が、かぶれていることも。

 

こまめに、オムツチェックをしましょう。

暑すぎる

エアコン

赤ちゃんは平熱が大人と比べて高いもの。

 

※赤ちゃんの平熱は36.5〜37.5度

 

背中に汗をかいていたら着替えさせたり、室内温度を21〜23度に設定するのが良いとされます。。.

 

大人が少し寒いと感じる温度ぐらいがいいですよ。

服がチクチク

赤ちゃんの服

素材が化学繊維だと、肌への刺激となることも。

 

縫い糸が化学繊維となっているものや、縫い閉じが身体側にあるものも避けた方が無難です。

 

紐も素材によっては肌に刺激を与えますし、タグ部分、ボタン、マジックテープにも注意して下さい。

 

赤ちゃんに優しい素材は100%綿やシルク素材、ガーゼ生地、ふわふわのパイル生地も良いです。

 

あくまで天然素材を選ぶといいでしょう。

 

おすすめは100%オーガニックコットンです。

お腹がすいた

ミルク

赤ちゃんの胃の消化は早いもので、母乳で1時間弱、ミルクで1時間強が平均とされています。

 

赤ちゃんの個人差もあり母乳でもミルクでも消化が早い時は20分、遅い時は1時間半とバラツキもあるようです。

 

ママが「寝る前にたっぷり飲ませたから安心」と気を許していても、もしかしたら空腹で泣いているのかもしれません。

 

ご自身の赤ちゃんの空腹サイクルを把握するために、授乳した時間を記録しておくのが良いでしょう。

便秘

便秘

赤ちゃんにもよりますが、3日〜5日以上、ウンチが出ていなくて機嫌が悪そうであれば、便秘で苦しんでいるのかも知れません。

 

お腹をさすってみて、ポッコリ膨らんでいるようなら、マッサージをしたり、綿棒でお尻の穴を刺激すると、すんなり解消されることもあります。

 

マッサージはおヘソを中心に優しく「の」の字を描くようにします。

 

綿棒での刺激は、ベビーオイルを綿棒に染み込ませ、先の部分が隠れる程度に、お尻の穴にゆっくり数回さしこみます。

病気

赤ちゃん湿疹

決まった間隔で泣いたりして、「なぜ、泣いているのか分からない」

 

そのようなときは、体のどこかが「かゆい」「痛い」「苦しい」のかも知れません。

 

突発性湿疹やアトピーが多い病気ですが、その他、大きな病気が隠れている可能性もあるので、「様子がおかしい」と感じたら一度、迷わず、お医者さんに診てもらいましょう。

不安な気持ち

赤ちゃん不安

昼間に多くの人や物に触れて、刺激をたくさん受けた夜は、興奮で眠りが浅くなったり、眠るのが不安であったりします。

 

また、怖い夢を見ていて現実と夢の区別がつかず不安な気持ちで目覚めても、真っ暗な部屋でとなりに誰もいない。

 

これは、赤ちゃんにとって、とても厳しい状態ですよね。

 

まずは、抱っこして不安な気持ちを取り除いたり、リラックスさせるために、ゆったり目のクラシックなどを流して安心させてあげましょう。

母乳の質

母乳

ママの体調や食事によって母乳の質が変化すると言われています。ママの睡眠不足で、母乳の出が悪くなることや、カレーなど刺激の強い食事、揚げ物、チョコレートなどが母乳に影響して質を落とすとも言われます。

 

そうなると、赤ちゃんの授乳が進まず、夜泣きの原因に。

 

睡眠を取れるときは無理にでも取って体を休めつつ、魚(白身魚、イワシ)、大豆製品(味噌、豆腐)、野菜(人参、大根等の根菜類)、などの食材を使った塩分控えめな和食中心の食事に心がけましょう。

 

ママの体調と、栄養バランスの取れた食事は、乳管の詰まりを予防し、赤ちゃんにとって栄養満点の母乳を分泌させる有効な手段です。

 

 

⇒赤ちゃんの夜泣きが起こる時期はいつからいつまで?