お肌の掻き壊しを保湿バリアでストップ!これで夜泣きも怖くない!

実感できなければ、全額返金保証。赤ちゃんのための長時間保湿&保護クリーム

公式サイトは以下の画像をクリック!↓↓↓

育児ノイローゼからの解決法!

育児ノイローゼ

「良いママでいなければ・・・」と子育てに真剣に向き合っているママさんほど、ストレスが強いものです。

 

可愛いはずの我が子が、可愛く思えなくなり、いつも気づけば、大声を張り上げている。

 

誰の助けも得られず、一人で家事育児をしなければならないママさんは、体力面、精神面でいつもギリギリですよね。

 

育児ノイローゼは子育て中のママなら誰にでも潜んでいるもの。

 

もし、「育児ノイローゼかも」と感じたら早期の対処が必要です。

 

ここでは、育児ノイローゼが深刻化する前の予防方法をいくつか紹介しています。

 

 

まずはパートナーに相談すること

パートナー相談

近くに両親など身内がいない方にとって、パートナーの存在は大きいもの。

 

パパもお仕事で、なかなか育児まで手が回らない状況もありますが、まずはサポートしてもらえるところを話し合うことが大切です。

 

さすがに、ママさんが育児ノイローゼ気味なら、真剣に向き合ってくれるでしょうから。

 

少しの時間でも良いので、一人になれる時間をつくってもらったり、家事をほとんど任せられる日をつくってもらったりして、育児ノイローゼを改善したママさんも多いですよ。

 

まずは、パートナーに、今の現状と苦しみや葛藤などを、理解してもらうことが解決の第一歩となります。

 

 

外部機関を利用してみる

子育てサロン

育児中のママさんは、四六時中、家にひきこもりがちになることが多いですよね。

 

とじ込もってばかりいると気分もふさぎ込んでしまうものです。

 

たまには、思い切って家から出る機会をつくって開放的な育児がしたいですね。

 

赤ちゃんを連れて、ママ友と子育てのことを話しながら、ランチをしてもいいでしょうし、近くの支援センターや保健センターなどの、定期的にされている育児相談で、日頃の苦労を聞いてもらうのもいいですね。

 

私の地域は近くのショッピングセンターでも助産師さんが育児相談を開いていたので、よく利用していましたよ。

 

地域で催されている子育てサロンなども同じ悩みを持つママさんが多数参加しているので、かなり心強くなれましたし、救われました。

 

どうしても外出が難しいようなら、市町村や民間の電話相談を利用してもいいですね。

 

 

子供と一度、距離を置いてみる

愛情

子供と常に一緒にいると、「子供の可愛さ」「子供がいることの有り難み」が薄れていくことってありませんか?

 

育児ノイローゼなどで気分がふさぎ込んでしまうと、自分のことで精一杯になり、客観視しづらくなるので仕方がないことです。

 

そんなときは、子供と距離を置いてみることも大事です。

 

預けることは育児放棄でも無責任でもありません。

 

子供の大切さを再認識するための「心の充電」です。

 

距離を置いたあとに、子供をみると心が「キューッ」となって、とても子供が愛おしくなった経験はありませんか?

 

胸が突然張ってくる感じを覚えて、授乳をすると「大切な存在」を改めて実感させられます。

 

距離を置くためには、パパや実家の協力も必要ですが、難しいようなら、有料ですがファミリーサポート、一時保育などもあるので活用してみましょう。

 

 

カウンセリングを受けてみる

カウンセリング

「育児ノイローゼ対策にあの手、この手を試したけど、ダメだった」

 

「対策をする余力は残っていない」

 

など、気分の落ち込みが解消せず、悪化の一途をたどっているなら、心療内科などでカウンセリングを受けてみることが得策です。

 

専門医は、多くの悩めるママさんの症例をもっておられます。

 

どのような方法で、どのように対処をすれば、育児ノイローゼが解消するのかというポイントを的確に指摘してくれるでしょう。

 

病院で診察を受けることに、少し抵抗があるという方は、「こころの健康センター」などの公的機関で、医師や臨床心理士といった専門家が電話相談にも応じてくれますよ。

 

 

公共の育児ノイローゼに関するサポート機関

外部機関

全国に設置の保健所

心の健康や育児の悩みなど、幅広い相談の受付。

 

保健師による新生児訪問時、その他要望による家庭訪問時に育児相談をすることも可能。

 

電話相談では、保健師の他、医師、精神保健福祉士などの専門家の対応もあり。

 

産後のサポート制度

自治体主体で運営しているサポート制度。

 

産後に体調が悪く、子供の世話がしづらい方や、日中、周りにお手伝いしてくれる人がいない場合に利用できる。

 

家事援助(買い物、食事の準備や片付け、掃除など)や育児援助(授乳やオムツ交換、沐浴の手助けなど)を低価格で受けられる。利用時間や日数に制限あり。

 

各市区町村の保育園

育児の負担、精神的な負担で、緊急で子供のお世話が必要な場合など、一時預かり保育を実施している。

 

保育園を定期的に解放し、保育士による育児相談や子供の遊び場を提供するなど、子育てに関するサポートをしている。

 

心の相談

こころの健康センター

別名、精神保健福祉センターとも言われ、各都道府県、政令指定都市ごとに1箇所ずつ設置。

 

心療に関する相談を医師や臨床心理士などから受けることができる。

 

電話による相談も可。

 

児童(子供)家庭支援センター

全国に設置されている子育て支援機関。

 

ママさん同士の交流の場としても利用され、定期的にベビーマッサージやベビーサインなどの講座も開催している。

 

子供のお世話が困難な状態になった時など、一時預かりや子供のショートステイを受け持つセンターもある。