お肌の掻き壊しを保湿バリアでストップ!これで夜泣きも怖くない!

実感できなければ、全額返金保証。赤ちゃんのための長時間保湿&保護クリーム

公式サイトは以下の画像をクリック!↓↓↓

アトピー赤ちゃんがかゆいときに止める一番の方法はこれ!

赤ちゃん かく

「朝起きてボリボリ」

 

「お風呂でボリボリ」

 

「夜泣きでボリボリ」

 

隙あれば、いつでもどこでもかきまくる赤ちゃんのお肌は真っ赤でボロボロになっていく。

 

そんな我が子をみるのは辛いものです。

 

肌のかき壊しを防ぎ、キレイなお肌を取り戻すためには、まずは「ステロイド」を使用することが一番の近道です。

 

私もステロイドを使用することに抵抗があって、ステロイドの入っていない軟膏で対処しようと試みたのですが、アトピーがひどくなりすぎて、もはや手のつけようがない状態まで来ていました。

 

ここまできたら仕方がないと思ったことや、お医者さんの勧めもあり、アトピーがマシになるならとステロイドを使い始めると、かゆみが収まったのか、肌の赤みも引いて、かくことを一切しなくなりました。

 

肌のかき壊しもなくなってキレイな赤ちゃん肌に復活したことが、涙が出るほど嬉しかったです。

 

ステロイドに偏見を持っていた私が、ステロイドのありがたみを感じたのはその時です。

 

お医者さんの考え方は、

 

「短期間のステロイドの使用で、アトピーの炎症を沈める。」

お医者さん 解説

 

「炎症を沈めてお肌をキレイにしたあとは、アトピーが再発しないように保湿&保護クリームで毎日ケアをする。」

 

なんだそうです。

 

 

確かに、いつまでもお肌に炎症を起こしたままでは、かゆみも引かないし、いつまでもお肌をかきむしることになりますよね。

 

かき壊しは一番お肌にダメージを残す行為ですので、そのうち色素沈着をおこして一生傷を残しますし、かきむしることで細胞組織を破壊してしまい肌の蘇生がうまくいかず、ボコボコ肌になったり象のような分厚いザラザラ肌にもなりかねない。

 

いち早くかゆみを抑えて、かき壊しを防ぐことが、大事なんだって、お医者さんから教えてもらったときは、目からウロコがおちました。

 

お肌に傷を残した状態は、肌のバリア機能が落ちていてアレルゲンを侵入させることにもなります。

 

お肌を早期にキレイにして、保湿と保護を備えたクリームでアレルゲンから守ることが、最善のアトピー対策です。

 

 

注意したいのが、ステロイドは、短期の使用でとどめることです。

 

そのためには、アトピーの重症度に合わせた程度のステロイドを使うことが大切で、例えば真っ赤に腫れたアトピー肌に、一番弱いステロイドでは全く意味がありません。

 

症状に合わないステロイドの使用は、いつまでもダラダラと長期に使い続けることにもなりかねないので、必ずお医者さんの指導にしたがって使用することが大事です。

 

ステロイドを恐れるあまり、ステロイドを避けようとする選択が、返って、どれだけ赤ちゃんに危険なことをしているのかと実感します。

 

保湿と保護クリーム

もちろん、アトピーが軽度な場合はステロイドに頼る必要もなく、保湿と保護機能をもったクリームだけで十分ですが、そうではなく、お肌をかき壊していく赤ちゃんに毎日悩んでいるなら、お医者さんの指導のもとステロイドの使用も有効ですよ。

 

今でも我が子の肌は、アトピーだったことが嘘のようでキレイなお肌を保っています。

 

正しい選択で、お子様をアトピーから守ってあげてくださいね。

 

 

⇒アトピーに処方されるステロイドって大丈夫なの?副作用は?