お肌の掻き壊しを保湿バリアでストップ!これで夜泣きも怖くない!

実感できなければ、全額返金保証。赤ちゃんのための長時間保湿&保護クリーム

公式サイトは以下の画像をクリック!↓↓↓

赤ちゃんのアトピーを漢方で治す!ステロイドが不安な人向き

漢方

「ステロイドは危険!」というイメージが強く、漢方での治療を求めたい方もおられるでしょう。

 

ここでは、アトピーに効き目があるという漢方を紹介します。

 

でも、漢方があなたの赤ちゃんに合うかどうかは、なかなか素人判断では難しいもの。

 

できれば、しっかりとした知識を持ったお医者さんに相談して、症状や体質に合うものを処方してもらうようにしてください。

 

皮膚の赤みを改善する漢方

 

アトピーはまず、皮膚の赤みを改善しないと治りません。

 

ですので、カサカサした真っ赤な肌には次の漢方が有効です。

 

白虎加人参湯

 

ほてった体を冷やす成分「石膏」「知母」が含まれているので、アトピー肌の赤みが引いてきて、皮膚のカサカサが快方に向かいます。

 

白虎加人参湯は、石膏が含まれる漢方の中でも15gと、最も多い成分を含有しているので、即効性があるのも特徴です。

 

強い赤みのある肌に効果的です。

 

 

消風散

 

「石膏」「知母」が含まれていて、赤みを癒す効能がありますが、白虎加人参湯と比べて石膏の量は少ないので、中程度の赤みに有効です。

 

消風散は、赤みを改善するだけで無く、皮膚組織の修復をする「当帰」「胡麻」「地黄」が含有されているので、お肌のターンオーバーも期待でき、カサカサ肌の改善を早めます。

 

アトピーの赤ちゃんには、かき壊しが付き物。

 

そのような時は、壊れた肌から細菌が侵入しやすいですが、消風散には化膿した傷口を改善する「荊芥」「防風」も含んでいるので、とびひなど傷の悪化による化膿性の病気を未然に防ぎ、ひいてはかき壊しによる傷跡や色素沈着の予防にもなります。

 

皮膚がカサカサしてかゆみが強い時に効く漢方

 

赤みがない状態のアトピーはこちらの漢方が有効です。

 

当帰飲子

 

傷ついた皮膚の修復成分「当帰」「川きゅう」「芍薬」「地黄」が主成分の漢方なので、乾燥してカサカサ肌のかゆみを抑えたい時に有効です。

 

乾燥して皮膚バリアが薄れるとアレルゲンなどが侵入しやすいので、皮膚の修復をすることで、アトピーの悪化を食い止めます。指の赤切れであったり、乾燥で皮膚がむけてしまった状態にも使用されます。

 

皮膚が赤みがかっていないアトピー時に使用される漢方です。

 

 

当期芍薬散(トウキシャクヤクサン)

 

血行を良くして体をあたため、貧血を改善する漢方として使用されます。

 

アトピー時の体の末端の乾燥による皮膚のひび割れや爪の割れなど、特に手足の指先、爪への血流が不足した乾燥状態に効果があります。

 

当帰飲子と同じく、皮膚に赤みがない状態で使用されます。

 

乾燥肌で皮膚がかゆい時、特に虚弱体質の方用の漢方

 

黄耆建中湯

 

黄耆建中湯に含まれる主薬の「黄耆」には汗を調節する作用があり、発汗機能を高めます

 

汗をかきにくいという状態は、体内の温度が上昇しても、上手く体温調節が出来ないため、皮膚の温度が上がってしまい、結果として炎症を悪化させることにつながります。

 

また、「芍薬」も含まれており、血行不良での腹痛を治す作用など、お腹の調子を整えます

 

お腹の調子が悪いと、自律神経を乱してしまい新陳代謝が悪化して肌荒れの原因になるのです。

 

その他、含有成分「生姜」「大棗」「甘草」「桂皮」は胃腸を強くし、アトピーの原因となる有害物質や毒素を、しっかりと消化します。