お肌の掻き壊しを保湿バリアでストップ!これで夜泣きも怖くない!

実感できなければ、全額返金保証。赤ちゃんのための長時間保湿&保護クリーム

公式サイトは以下の画像をクリック!↓↓↓

赤ちゃんの夜泣きが発生するメカニズムを教えて。

夜泣きのメカニズム

夜泣きに関する研究結果でも、原因はハッキリと分かっていませんが、専門家の間で知られている夜泣きのメカニズムは以下のとおりです。

 

赤ちゃんの眠りのリズムは未発達

 

睡眠リズム

大人は、朝に起きて夜に寝るというサイクルが当たり前となっていますが、赤ちゃんにとっては眠りのリズムが未発達なため昼夜の区別がついていないのです。

 

今までママのお腹の中で時間をとわず、目覚めたり、眠ったりしていたのですから、仕方がありませんよね。

 

ママから生まれでてきた瞬間から、大人の睡眠リズムに合わせるというのは無理なことで、夜間に目覚めて大泣きするというわけなんです。

 

赤ちゃんの体内時計が整ってくるのが、大体4ヶ月と言われています。

 

急に大人のリズムに合わせようとするのは、赤ちゃんに大きな負担がかかり、成長過程にも無理が生じてきます。

 

最初は、ママにとってかなりの労力を強いられますが、「夜泣きは赤ちゃんの成長過程で睡眠サイクルを整えるために大切なことなんだ」と受け入れることが大事なんです。

 

 

脳の発達によって睡眠の質が変化していく

 

脳

大人にもレム睡眠(浅い眠り)とノンレム睡眠(深い眠り)があるように赤ちゃんも「浅い眠り」と「深い眠り」を繰り返しています。

 

でも、大人の睡眠サイクルが深い眠りと浅い眠りが90分〜120分毎に訪れるのに対して、赤ちゃんは約40分〜60分おきのサイクルなのです。

 

なので、ぐっすり寝ていても1時間程度で浅い眠りに入ってしまうため、少しの音や光にも敏感に反応し、結果として夜泣きをしてしまうというメカニズムなんです。

 

また、赤ちゃんはママのお腹から出てきたことで、今までに体験したことがなかった刺激を受け、脳で膨大な情報を整理しながら脳を発達させます。

 

脳を働かせるのは、浅い眠りの時なので、大人よりも睡眠サイクルが短縮されてしまっている状態ですね。

 

ぐっすり寝ているように見える赤ちゃんも脳はフル回転しているので、昼間与えられた刺激を敏感に脳に伝え、「驚き」や「悲しさ」「喜び」などの感情を夢の中でもふくらませています。

 

結果として、夢の中での感情が夜中に表になって出てきてしまう、それが夜泣きだと言われています。

 

 

⇒赤ちゃんが夜泣きする具体的な原因って何?