お肌の掻き壊しを保湿バリアでストップ!これで夜泣きも怖くない!

実感できなければ、全額返金保証。赤ちゃんのための長時間保湿&保護クリーム

公式サイトは以下の画像をクリック!↓↓↓

赤ちゃんの乳児湿疹とアトピーの見分け方は?どう違うの?

乳児湿疹

ほとんどの赤ちゃんが一度は経験する乳児湿疹ですが、乳児湿疹は病名ではなく、乳児期に起こる湿疹の総称だと言われています。

 

大体、生後2ヶ月たった頃に現れることが多いようです。

 

乾燥するタイプの湿疹やジクジクする湿疹もあったりと様々ですが、頭やホッペやおでこなどに広がり、スキンケアを怠ると、さらにお腹や背中など全身に及んでいきます。

 

よくあるタイプの症状として

 

「肌が真っ赤になる」

 

「小さな水ぶくれがポツポツできる」

 

「ウロコ状のかさぶたなどが出来る」

 

などが見られます。

 

 

一方、アトピーは、アレルギー反応によって皮膚が炎症するものです。

 

慢性的に頭、顔、耳などの他、ひじやひざなどの関節部分に、強烈なかゆみを伴い複数の湿疹とともに、肌が真っ赤に腫れ上がります。

 

耳切れや皮膚がただれることもあり、良くなっては悪くなりを何度も繰り返す特徴があります。

 

それでは乳児湿疹とアトピー、よく似た症状で、どこがどのように違うの?と感じてしまいますが、その違いを見分けることは、お医者さんでも難しいそうです。

 

ましてや、私たち素人が見分けようというのは不可能に等しいのです。

 

ただ、両者の特徴の決定的な違いは、アトピーは慢性的な湿疹が、収まったり現れたりすることから、日本皮膚科学会の「アトピー性皮膚炎の定義・診断基準」によると、乳児期では2ヶ月以上、湿疹が続いた場合はアトピーと診断されるようです。

 

 

⇒乳児湿疹だった場合のケア方法は?