お肌の掻き壊しを保湿バリアでストップ!これで夜泣きも怖くない!

実感できなければ、全額返金保証。赤ちゃんのための長時間保湿&保護クリーム

公式サイトは以下の画像をクリック!↓↓↓

アトピー赤ちゃんの寝かしつけ方は?意外に知らない効果的なこんな方法

 

アトピー赤ちゃんは、かゆみでなかなか寝てくれない事ってよくあります。

 

放っておいたら、「顔や体をかきむしるし、どうした良いの?」って悩みますよね。

 

そんなときは、このような寝かしつけを、試してみればいかがでしょうか?

 

 

添い乳をする。

 

添い乳

かゆくて寝られない赤ちゃんでも、大好きなおっぱいに意識が向くことで、かゆみを忘れてそのまま寝てくれる事があります。

 

不安に思ったり、ママにかまって欲しいという気持ちから、かいてしまうことも多い赤ちゃん。

 

そんなときは、添い乳をして安心感をもってもらいましょう。

 

 

⇒母乳でアトピーを治せるってほんと?

 

体を冷やす。

扇風機

赤ちゃんは、体温が高めなため、暑くて寝付けないことが多いのです。

 

背中が汗ばんできたら、冷たいガーゼなどで体を冷やしてあげると気持ちよく寝付いてくれることもあります。

 

室温を少し低めに設定したり、うちわや扇風機で柔らかい風をつくってあげて寝やすい環境にしてあげましょう。

 

かゆい部分にポイントを当てて冷やしてあげると、スっと寝てくれることもあります。

 

 

パパやママがかいてあげる。

 

かく

かゆさで寝てくれそうもないときは、パパやママが代わりにかいてあげる方法も良いでしょう。

 

もちろんかいてあげるときは、爪を立てずに指の腹部分で、さするようにかきます。

 

力を入れすぎると、余計にかゆみが増すことにもなるので、注意しましょう。

 

「大丈夫、大丈夫」「安心して」など声をかけながらかいてあげると、心のケアにもなり、なお効果的です。

 

 

薬をつかう

 

ステロイド軟膏

「今晩は、特にかゆみで寝てくれない。」

 

「あらゆる方法を試してみたけれど、寝てくれない」

 

そんなときは、かゆみを抑える抗ヒスタミン剤を飲ますか、ステロイドをかゆみ部分に塗ることも考えてみましょう。

 

毎晩、赤ちゃんが寝付いてくれないことは、パパ、ママ、また赤ちゃんにとっても大きな負担。

 

薬を使って、かゆみをとり、安眠させることは何より大事な時もあるのです。

 

肌のかき壊し対策にもなったりするので、どうにもならない時には試す価値ありです。

 

 

⇒かゆみが抑えられない・・・肌をかき壊していく赤ちゃんを止めて!