お肌の掻き壊しを保湿バリアでストップ!これで夜泣きも怖くない!

実感できなければ、全額返金保証。赤ちゃんのための長時間保湿&保護クリーム

公式サイトは以下の画像をクリック!↓↓↓

赤ちゃんがアトピー〜手早くお風呂に入れるコツとは?〜

赤ちゃん お風呂

お風呂に入れるために赤ちゃんを裸にした瞬間から「ボリボリ」と全身をかき始めることが悩ましい。。。

 

浴室内は特に暖かい蒸気が充満しているので、体全体が、かゆくなりますよね。

 

ここでは、かき壊しでお肌を痛める前に、手早くお風呂に入れるコツを紹介します。

 

 

パパに手伝ってもらえるとき

 

もし、パパや身内の方に協力してもらえるなら、一番楽で、いいですよね。

 

ママが赤ちゃんをお風呂に入れに行く→赤ちゃんを洗う→お風呂上がりの赤ちゃんをパパが受け取って、そのままスキンケアをする→ママがゆっくり入浴。

 

 

赤ちゃん お風呂

もちろん、ママではなくパパが赤ちゃんをお風呂に入れてもいいのですが、2人いるときは赤ちゃんにとっても手早くスキンケアが出来ますし、パパやママもゆっくりお風呂に入れるので、これ以上のことはありません。

 

でも、パパの帰りも遅く、手伝ってもらえる身内もいないとなると、労力の負担がズッシリとママにのしかかりますよね(;_;)

 

 

「一人のときは、どうすればいいの?」と悩みますが、次の方法をとることで、少しでも効率よくお風呂に入れることができるのではないでしょうか?

 

 

ママしかいないとき

 

段取りが大事

おむつセット

一人で赤ちゃんを手早くお風呂に入れるときは、何といっても「段取り」が大事です。

 

冬場は、湯冷めを防ぐため、ママが体を洗う間、「赤ちゃんを待たせている脱衣所」、「お風呂上がりの部屋」はあらかじめ、温めておくことが大切になります。

 

夏場は、エアコン等を使って快適な空調管理をしておいてくださいね^^

 

前もっての浴槽の湯の温度を37度〜38度に設定も忘れずに。

 

お風呂上がりには、手早く衣類を着せやすいように肌着とオムツの準備も必要です。

 

また、楽に水分を拭き取り、そのまま部屋に連れて行けるバスローブがあると、その後のスキンケアも効率よくできて便利です。

 

水分を拭き取った後は、出来るだけ早くオムツをつけておくほうが無難ですよ。(オシッコなどの防止です^^)

 

保湿剤などのスキンケア用品も、すぐに塗ってあげられるように、近くに用意しておきましょう。

 

 

ママの体を先に洗う

お風呂上がり 赤ちゃん

ママの体と髪を洗い終わるまで、赤ちゃんをタオルでくるんで脱衣所で待たせておきましょう。

 

そのとき、かゆそうにしているなら、待たせておく間、必要なら顔や体をかかないように、ミトンや玩具などで気を紛らわせて対処します。

 

お風呂にある程度のスペースがあれば、浴室内で待たせておいても構いませんが、温かみで体が、かゆくなることがあるので注意です。
(おもちゃ付きのお風呂椅子があると、気を紛らわせて便利)

 

浴槽には、最後に赤ちゃんと一緒につかるようにします。

 

 

赤ちゃんを手早く洗う

赤ちゃん 洗う

シャンプーとボディソープは頭と体を兼用できる赤ちゃん用石けんを使用すると効率的です。

 

赤ちゃんを支えながら片手でプッシュして泡が出るタイプのものだと、泡立ての手間が不要なので便利ですよ。

 

まず、頭から洗ったあと、体を洗いますが、そのとき、ボディタオルなどを使わず、ママの手でやさしく洗ってあげて下さい。

 

けっしてゴシゴシ洗うことはせず、軽くなでる程度でいいですよ。

 

洗いすぎると、デリケートな赤ちゃん肌の必要な皮脂まで洗い落としてしまって、アトピーを悪化させることになりますから。。。

 

また、石鹸の洗い残しがあれば、皮膚に刺激を与えるので、注意して下さい。

 

ただ、私は、汚れやすい首周り、手足の関節部分、股間やお尻以外は、石鹸を使わず、ぬるめのお湯でサッと洗い流す程度で終わらせていた時も、多々ありました。

 

お湯でさっと洗い流す程度でも、汚れは取れるものです。

 

顔も汚れがひどい場合は、石鹸を使用しましたが、基本はガーゼハンカチで拭く程度で済ませました。

 

アトピーの専門医の考え方の主流は、「皮膚表面に残った汗やアカ、ホコリ、細菌よごれも刺激となるので、石鹸をつかって清潔に保つこと」でありますが、隙あらば、ボリボリ体をかいてしまう赤ちゃんを手早くお風呂から出さなければいけない必要性から、そうも言ってられませんでした。

 

余裕があれば、石鹸を使用したほうが望ましいですが、私の子供は今でもアトピーを再発することなく、キレイな肌を保っているので、そこまで神経質になる必要はなさそうです。

 

 

赤ちゃんを洗い終えたら、ママと一緒に浴槽へ

砂時計

つかる時間は2分から3分ほどで十分です。

 

赤ちゃんの体は温まりやすいので、ほんの数分で十分なのです。

 

逆に温まりすぎると、アトピーのかゆみを強めて、全身をかいてしまうので、長風呂は禁物です。

 

もし、浴室に赤ちゃんを入れた瞬間、顔、体をボリボリかくようなら、乳首をくわえさせながら頭や体を洗ってあげると、気が紛れておとなしくしてくれてましたよ(´^_^`)

 

特に、浴槽につかった時に、かゆみが強くなりますので、つかりながらの授乳は効果を発揮しました。

 

赤ちゃんを入浴させる時間は、短ければ短いほど良いですが「5分以内」を目標に頑張ってみます。

 

慣れない初めは、難しいですが、何ども繰り返しているうちに出来てきますよ。

 

まずは、神経質にならずに頑張ってみてください。

 

 

風呂上がりのスキンケアは出来るだけ早く!

スキンケアクリーム

水分を拭き取るときは、肌の刺激とならないように、ゴシゴシとするのではなく「包み込むように押さえて拭く」イメージです。

 

また、お風呂上がりは、できる限り早く、スキンケアをする必要があります。

 

こちらも理想は「5分以内に始める」です。

 

入浴すると、どうしても皮膚の脂分が多少なりとも洗い流されます。

 

なので、そのままの状態でいると、すぐに皮膚が乾燥してしまうのです。

 

できる限り、時間を置かずにスキンケアをする必要があるので、どうしてもママの体を拭いたり、パジャマを着る、髪を乾かす作業が後回しになってしまいます。

 

バスローブ

そんなときは、ママ用のバスローブがあれば、とても便利ですよ。

 

バスローブなどがない場合、素っ裸で部屋に連れて行ってスキンケアをするのはちょっと。。。

 

という場合は、脱衣所で全てを終えてしまってもいいと思います(^O^)

 

そのときは、赤ちゃんを寝かせられるマットなどがあれば、いいですね。

 

 

アトピーの赤ちゃんを抱えるママさんは、赤ちゃん中心に動かなければならないので、労力もストレスも溜まりがちになります。(;_;)

 

パパや協力者がいる時ぐらいは、ゆっくりお風呂に入れるようにしてもらってくださいね。

 

 

⇒手早くスキンケアができる赤ちゃん専用クリームを使った体験談