お肌の掻き壊しを保湿バリアでストップ!これで夜泣きも怖くない!

実感できなければ、全額返金保証。赤ちゃんのための長時間保湿&保護クリーム

公式サイトは以下の画像をクリック!↓↓↓

赤ちゃんの夜泣きを治す生活リズムとは?

リズム

赤ちゃんの夜泣き、本当に辛いですね。

 

あれやこれやと手を尽くしても毎晩、夜泣きを繰り返す赤ちゃん。

 

でも、夜泣きの原因を探る前に、「あなたの赤ちゃんの生活リズムは整っていますか?」

 

赤ちゃんも大人と同じように早寝早起きで規則正しい生活をおくることで、昼夜の睡眠のリズムを整えていきます。

 

毎朝、同じ時間に起こして毎晩、同じ時間に寝かしつけをする。

 

このようにするだけで、夜泣きがなくなったというママさんもたくさんおられます。

 

 

朝は、まずカーテンを開けて日の光を浴びさせること。

朝日

赤ちゃんの活動のスイッチが入り心地よく目覚めてくれます。

 

また、朝の光を浴びてから約14時間後に睡眠ホルモンである「メラトニン」が分泌されることで、赤ちゃんを眠りに誘う事が出来ます。

 

晩になると、赤ちゃんも熟睡の体制に入ってくれるので、寝かしつけも簡単で、夜中に目覚めることも少なくなります。

 

できるなら、成長ホルモンが活発になる午後10時から午前2時までは、深い睡眠をさせてあげたいものです。

 

 

毎日のお風呂、授乳、散歩など赤ちゃんの日課が決まっていることは、同じ時間帯に行って、生活リズムを守ることが夜泣きをなくす大前提です。

 

最初は、生活リズムを守るために、自分のしたいことが出来なかったり、時間に追われたりで、大変かもしれませんが、3日も続けると不思議と慣れてくるものです。

 

赤ちゃんの生活リズムに合わせてママも一緒に規則正しい生活を送っていると、赤ちゃんもママも体調が良くなり、とても子育てに前向きになれますよ。

 

でも初めから、「絶対、生活リズムを乱さない」という強い意志で挑むと、途中で心が折れることもありますから、肩の力を上手に抜いて、出来ることから少しづつ理想の生活リズムに近づけていきましょう。

 

 

⇒赤ちゃんが、かゆみでなかなか寝てくれない!よい寝かしつけ方法は?