お肌の掻き壊しを保湿バリアでストップ!これで夜泣きも怖くない!

実感できなければ、全額返金保証。赤ちゃんのための長時間保湿&保護クリーム

公式サイトは以下の画像をクリック!↓↓↓

育児中の夜泣きのストレスにもうっ!うんざり!このストレスどうする?

ストレス

毎日の夜泣きでギャン泣き!「アトピーだからか?」「興奮して眠りが浅いためか?」は分からないけれど、もうっ、ストレスが限界。

 

いくら、可愛い我が子でも、このままでは何をしてしまうか分からない・・・

 

そのような時は、ストレスを解消することが、第一の優先事項。

 

ストレスがますます蓄積して、潰れてしまわないように、下記の方法をお試し下さい。

 

 

朝の光を浴びる

朝日

セロトニンという物質をご存知ですか?

 

セロトニンは、幸福感や満足感を得やすくし、精神を安定させる神経伝達物質です。

 

この物質を意識的に、活性化させることが出来れば、育児疲れから少しでも解放され、気分はリラックスモードになります。

 

セロトニンを活性化させる方法は、「朝の光を浴びる」こと。

 

朝の光でセロトニンの分泌は活性化されるのです。

 

朝、スッキリ目覚められたという日は、セロトニンが朝の光に反応して分泌される証拠。

 

朝起きた30分後に最もセロトニンが活性化されると言われているので、目覚めたら真っ先に窓辺へいって朝の日光をあびましょう。

 

特に、新生児赤ちゃんのお世話をしていると、部屋に閉じこもりがちで、昼夜の区別がつかない状態。

 

すこし、意識して毎朝、窓辺に立ち朝の光を浴びるだけで、イライラ感の解消になりますよ。

 

朝の日向ぼっこ気分で、5分も浴びれば十分。

 

毎朝の習慣として、赤ちゃんも一緒に朝の光を浴びれば、体内時計も整い、夜泣きの回数も減っていって良いことづくめです。

 

 

お散歩をする

お散歩

家事も育児も一生懸命になっていると、どうしても家に閉じこもりがちになってしまいますよね。

 

そこで、イライラが溜まってきたら、近くの公園や家の周りを、赤ちゃんと一緒にお散歩をしてみてはいかがですか?

 

朝の数分は散歩の時間と決めておくと、朝の光も浴びて幸福ホルモン「セロトニン」の分泌も盛んになっていいですよ。

 

歩くことでもセロトニンが活性化すると言われ、歩き始めてから5分程度でセロトニン濃度が高まり、20分から30分で濃度が最高潮に。

 

リズムよく集中して歩くことで、よりセロトニンが活性化しやすいので、ダラダラと歩くのではなく、軽い運動をするという意識で行うとストレス解消効果も高いですよ。

 

ストレスが爆発する前に、赤ちゃんをおんぶ、もしくはベビーカーで朝のお散歩に連れ出してみては?

 

 

深呼吸をしてみる

深呼吸

なかなか赤ちゃんが眠ってくれないとき、授乳が上手くいかないとき、その他、赤ちゃんのお世話でイライラがこみ上げてくることって頻繁にありますよね。

 

でも、どんな時でも、怒りは一瞬。いつまでも怒りの感情を維持することって実は、できないものなんです。

 

なので、その瞬間のイライラをどうにかすることが大切になってくるわけです。

 

そこで、イライラで怒りがこみ上げて来た時は、一度、深く長い深呼吸をしてみると効果的ですよ。

 

「こんな単純な方法で、イライラが解決出来るの?」と思いがちで、意外と多くのママさんがされていないようですが、予想以上のストレスが発散されて冷静になることができます。

 

ストレスが溜まると、無意識に呼吸が浅くなると言われます。

 

この呼吸を意識的に、長く深くすることで、ストレス対策になるのです。

 

一度の深呼吸ではなく、5分程度の腹式呼吸を繰り返すとセロトニンが活性化されるとも。

 

朝目覚めた時の布団の中でも簡単に出来ますし、気づいたときにも出来る手軽な方法なのも良いですね。

 

 

赤ちゃんから逃げてみる

逃げる

大事な大事な宝物のようにしている我が子でも、一度ぐずり出すと悪魔のようにみえて、ママの感情も高ぶるもの。

 

そのような時は、一度、全てを放っぽり出して逃げてみることも一つの手です。

 

逃げるといっても、子供の安全は第一に考えてパパに預けたり、おじいちゃん、おばあちゃん、一時預かり機関を利用して数時間でもいいので、心のゆとりを少しでも回復させるのです。

 

自分以外の人に赤ちゃんを預けるなんて・・・と責任感の強いママさんもおられますが、イライラして赤ちゃんを怒鳴りつけたりして、後で罪悪感を感じてしまうことの繰り返しから救われる方法でもあります。

 

責任感が強いことは、むしろ良いことでもありますが、赤ちゃんを守るために、ママの一時のお休みは欠かせないものなのです。

 

どうしても、「赤ちゃんを預けることが出来ない」「外出できない」という事情のあるママさんは、ベビーベッドの柵の中やベビーラックに安全ベルトを付けて乗せたりなど、安全を確保した上で、別の部屋に移って気持ちを落ち着かせても良いでしょう。

 

子育ては、長期スパンで考えなくてはいけない時もあります。

 

一旦、赤ちゃんから離れることも、ママや赤ちゃんの為になることだってあるんですよ。

 

 

人に話してみる

話す

悩みをパートナーや友達、両親などと話してみて、心がスっと軽くなったことはありませんか?

 

何でも一人で抱え込まず、育児でも家事でも誰かに話を聞いてもらうだけで、気分が上昇して、何事にも前向きになってくるものです。

 

普段、なんともない事でも、今日は「カチン」とくる。

 

それは、無意識のうちにストレスが溜まっている状態かも知れません。

 

身近でしゃべれる人は夫しかいないというママさんは、積極的にパートナーとのコミュニケーションをとるようにすると良いですよ。

 

意思疎通が図れて、いつも以上に子育てに向き合ってくれることもあります。

 

どうしても身近な相談相手にも話しにくい内容は、市町村の保健センターを利用してみてもいいですよ。

 

そのための仕事をしてくださっているところですので、丁寧に向き合ってくれます。

 

 

思いっきり泣いてみる

ママ 大泣き

最近、感情を思いっきり表に出した記憶ってありますか?

 

思いっきり感情を表に出すことは、ストレス解消の一つとなります。

 

怒ってみたり、笑ってみたり、泣いてみたり、喜んでみたり・・・感情はいろいろありますが、子育て中は何かと「怒り」と「悲しみ」が多いですよね。

 

もちろん、思いっきり笑ったり喜んだりすることが一番なんですが、「思うように何も進まない」「赤ちゃんをどう扱ったらよいか分からない・・・」と悲しい気持ちになれば、我慢せずに思いっきり泣いてみてください。

 

声をあげるのに抵抗があれば、しくしく涙を流すだけでもスッキリしますよ。

 

大事なのは感情に逆らわないこと。

 

さすがに怒りの感情は、後での罪悪感もハンパないので、避けた方がいいかもしれませんが。。。

 

泣きたい時には思いっきり泣いてみるのもスッキリ前向きに子育てに取り組めますよ。

 

時間に余裕のある方なら、感動する映画、恋愛マンガなどを見て感情を高めても効果があります。

 

 

家事をさぼる

家事をさぼる

赤ちゃんに手を取られて、家事が何一つできない。

 

しなければならない家事ができないので、イライラして赤ちゃんに当たってしまう。

 

そういった悪循環に落ち入る前に、一度スッパリ家事をするのをやめてみましょう。

 

イライラしてきたら、まずは家事はできるだけ手抜きして、身体を休めることに集中すべきです。

 

パパが仕事で忙しく、子育てを手伝えない状態なら、なおさら無理をしないでください。

 

買い物もまとめ買いをしたり、宅配を利用したりで対応できますし、掃除も完璧にする必要はないのです。

 

家事に育児も完璧に、こなせるママさんはどこにもいないですよ。

 

どうしでも、食事の用意だけはサボれないというなら、体調の良いときに、たくさん作り置きして冷凍しておいてもいいでしょう。

 

また、赤ちゃんの周りだけしっかり清潔にしていれば、掃除も1日ぐらいサボったとしても、特に影響はないのではありませんか?

 

 

自分自身を鏡に写す

鏡

イラついて、イラついて仕方がない状態。それは言い換えると、「我を忘れている状態」なのです。

 

そのような時は、自分を見つめ直すことが大切です。

 

自分を見つめ直すことは、「自分を客観的に見る」ということですが、それには「鏡を見る」ことが有効です。

 

イラついている自分が「どのような表情をしているのか」「今、どんな感情が溢れているのか」が見えてくるでしょう。

 

赤ちゃんを抱っこする自分の姿を見て、赤ちゃんの泣いている姿に「この子は私がいないと生きてはいけない」と改めて感じさせてくれることもあるでしょうし、「私はこの子の親だ」としての自分を見ることもできます。

 

鏡を使って、客観的に自分を見つめ直すことで、イラ立ちが不思議なくらい、スっと消えていくものです。

 

 

⇒育児ノイローゼかも・・・そんなときはどうする?