お肌の掻き壊しを保湿バリアでストップ!これで夜泣きも怖くない!

実感できなければ、全額返金保証。赤ちゃんのための長時間保湿&保護クリーム

公式サイトは以下の画像をクリック!↓↓↓

赤ちゃんの夜泣きってどのような症状をいうの?

夜泣き

夜泣きの症状は、はっきりした原因が分からないのに赤ちゃんが突然、夜中に泣き出してしまうというものです。

 

ただ単にいつもと同じように泣いている状態もあれば、怯えた様子で寝汗をかくこともあり、呼吸も荒くなる赤ちゃんもいるので、親にとってはとても心配になりますよね。

 

厳密に夜泣きの原因はハッキリとは分かっていませんが、睡眠のリズムが未成熟なためと言われることも多いです。

 

一般的に夜泣きは、「原因不明なのに、赤ちゃんが夜中に起きだして泣く」として捉えられていますが、「空腹」「オムツの不快感」「アトピーなどのカユミ」など、原因がはっきりしている場合にも「夜泣き」と言う人もいます。

 

夜泣きは睡眠後、2時間以内に起こることが多いと言われていますが、赤ちゃんの性格や体質によって様々です。

 

夜泣きの期間も、数日で収まることもあったり、数週間、数ヶ月続くこともあります。

 

ひどい時には30分間隔で起きて泣き叫ぶので、親にとってはとても過酷な状態です。

 

 

 

それに加えて、乳児湿疹やアトピーの赤ちゃんを抱えているママさんにとって、それは地獄。

 

ノイローゼ気味になるママさんも多くおられることから無理は禁物です。

 

パパでも出来ることはパパに任せて、負担がかたよらないようにしたいものです。

 

また、いつもと違い、異常な泣き方をしたり、何時間も泣き止まない場合は、病気がひそんでいることもあります。

 

お医者さん

何をしても泣き止まず、パパ、ママの感覚で「これは、おかしい」と感じられたなら、24時間無料電話相談を利用されたり、お医者さんに診てもらうようにしましょう。

 

赤ちゃんによって夜泣きの症状は様々ですので、パパ、ママがご自身の赤ちゃんをしっかり見守って、夜泣きの特徴や症状をつかむことが大事です。

 

⇒夜泣きにも種類って存在するの?