お肌の掻き壊しを保湿バリアでストップ!これで夜泣きも怖くない!

実感できなければ、全額返金保証。赤ちゃんのための長時間保湿&保護クリーム

公式サイトは以下の画像をクリック!↓↓↓

赤ちゃんのアトピーはどんな症状?

赤ちゃんアトピー

「うちの子の肌に赤いポツポツが・・・」「もしかしてアトピー?」

 

赤ちゃんの肌トラブルって少しのことでも気にかかりますよね。

 

アトピーの症状の多くは生後1ヶ月から3ヶ月頃に出はじめ、まず、顔、頭、耳の付け根などから赤い湿疹が広がっていきます。

 

ボッペやおでこに潤いが少なくなってカサカサした肌が目立ってくるのも特徴です。

 

全体的に顔が真っ赤になり、頭には黄色いカサブタのようなものが現れるのです。

 

アトピーの原因ってなんなの?

 

まず、考えられるのは「赤ちゃんの消化器官が未発達」ということです。

 

赤ちゃんは、大人と比べて胃腸などの消化器が未発達で、口にしたものを上手に分解しにくいのです。

 

だから、分解しきれなかった栄養素がそのまま吸収させずに残っていると、体が異物と感じ取ってしまい免疫機能が過剰に働いてしまった結果というものです。

 

なので、消化器官が発達してくることで、自然と乳児アトピーも治っていくという意見が主流なのです。

 

 

でも、「赤ちゃんのアトピーの治る気配が全くしない」という場合は、その他の要因も考えられます。

 

よくいわれることが、「遺伝」です。

 

両親や祖父母が喘息持ちであったり花粉症持ちである場合、もちろん赤ちゃんもアレルギー反応を起こしやすい体になっています。

 

乾燥肌体質であったり、神経質な性格も引き継がれて、アトピーの原因となるストレスを溜め込みやすい気質をそなえた赤ちゃんかも知れません。

 

また、専門家の間でもいわれている「アトピーは排泄能力が弱い結果である」とされているとおり、

 

「便秘」や「呼吸が普段から浅い」「汗をかきにくい」など排泄能力がもともと弱い体質の遺伝を引き継いでいるなら、赤ちゃんも「老廃物を体外へ排出しにくい体質」となることで、過剰な免疫反応がでたり、体の中にアレルギー物質をタメ込んだ結果、アトピーとして現れているのかも知れません。

 

アレルゲン

さらにダニ、ホコリ、カビなどアトピーの原因となる赤ちゃんを取り巻く環境にも大きく影響されるため、原因の特定は専門家でも難しいのです。

 

なので、私たちが出来ることは、できる限りアトピーの原因となる環境を取り除くこと

 

また、乾燥肌気味だという赤ちゃんには、普段からのスキンケアに力を入れて、アレルゲン対策をすることが大切です。

 

普段からの保湿ケアを欠かさず行うことで、保湿剤を塗っていない赤ちゃんよりも「アトピーの発症率が約3割も減少した」という国立成育医療研究センターの研究結果からもスキンケアの大切さは明らかですので、頑張っていきましょう。

 

 

⇒アトピーだった場合のスキンケア方法は?