お肌の掻き壊しを保湿バリアでストップ!これで夜泣きも怖くない!

実感できなければ、全額返金保証。赤ちゃんのための長時間保湿&保護クリーム

公式サイトは以下の画像をクリック!↓↓↓

赤ちゃんの夜泣きに種類って存在するの?

 

赤ちゃんの夜泣きは親にとって、とても心配なものですよね。

 

「なぜ、泣いているの?」「快適な環境を整えてたのに・・・」「何が嫌で泣いているの?」と心配は絶えません。

 

そのような時、夜泣きの種類を把握して、適切に対処したいものです。

 

夜泣きの種類は大きく分けて3つ。

 

理由が分からず泣いている
環境が不快であって泣いている
病気が潜んでいて泣いている

 

3の病気が原因で泣いている場合は、お医者さんに見てもらうなど早期の対処が求められますが、1.理由がわからない、2.環境が不快といった場合は、色々な原因がからみ合っているので、どうして良いかわからず、対応に困ることがありますよね。

 

理由が分からずに泣いている

赤ちゃん泣く

夜泣きの多くは、意味が分からないのに泣いていることが多いですよね。

 

昼間、刺激の強いものを見たり聞いたりして、興奮している状態で夜中に目覚めることや、心や体の発達の過程で睡眠から覚醒してしまうことが考えられています。

 

未熟な睡眠サイクルから数時間毎に起きてしまい、ママがいない寂しさから泣いてしまうこともあります。

 

なので、これといった対応が難しく、赤ちゃんが目覚める都度、抱っこや添い寝をしたり、授乳をしたりで、ママの根気が必要となってきます。

 

パパでも出来ることはパパに任せるという意識がママのストレスを軽減し、赤ちゃんに対する当たりも和らげます。

 

一人で負担を抱えないこと。是非ともパパの協力を求めることです。

 

環境が不快になって泣いている

オムツの蒸れ

「オムツがムレて気持ちが悪い」「お腹が空いている」「周囲が騒々しい」など、寝ている赤ちゃんが不快に感じることで、目覚めてしまう場合です。

 

特に、生まれて間もない赤ちゃんは、母乳を飲んでからの消化が早いため、「さっき、あげたばかりなのに・・・」とうんざりすることもあるでしょう。

 

満腹中枢も未発達なため、お腹が一杯になっても、与えたら飲み続けて、吐き戻しの原因をつくってしまうことも。

 

ただ、環境が不快で夜泣きをしている場合は、原因が分かりやすいため、ピンポイントの対処で赤ちゃんは心地よく寝入ってくれます。

 

病気が潜んでいて泣いている

赤ちゃんが病気

「いつもと違う泣き方をする」「何をしてもずっと泣いている」「いつもと様子が違う」
そのような時は、病気が潜んでいる場合があります。

 

アトピー
顔を頻繁にこすっている
ほっぺやおでこなど顔全体が赤みがかっている。
顔を爪でひっかき、かき傷がある。
発疹、湿疹が顔、頭部や関節部分に広がっている。
発疹や湿疹は、赤いブツブツ、ポツポツ、カサカサ、ジクジクと様々。

 

 

突発性湿疹
38度〜40度の高熱がある。
熱が下がった後、全身に赤い細かい発疹。
下痢がある。

 

 

百日ぜき
3種混合ワクチンが済んでいない1歳以下に見られる。
鼻水と咳は出るが、熱は出ない。
「コンコンコン」の咳の後、「ヒュー」という音をたてる。

 

 

発疹
生後2ヶ月頃から多く見られる。
カサカサした白いフケが出てきたり、ほっぺに赤いブツブツが出来る。
離乳食が始まると、口の周りや手のひらに発疹が現れることもある。

 

 

風邪
鼻水が拭いても出てくる。
咳が頻繁に出る。
発熱がある。
下痢をしている。

 

 

急性中耳炎
黄色のどろっとした液体が耳から出ている。
耳に黄色い固形物が付いている。
耳を頻繁にさわったり頭を左右に振っている。
熱が出ることもあり、激しく泣く。

 

 

ロタウィルス
2歳ぐらいまでに多く見られる。
下痢をしている。
ウンチが白っぽい。
嘔吐がある。

 

 

「なんとなく機嫌が悪い」「食欲がない」「元気がない」「いつもより夜泣きが多い」
など、いつもと違う様子に気づいたら、赤ちゃんの体に発疹や湿疹がないかを確認したり、体温計で測って発熱していないかを確認し、必要があればお医者さんに診てもらいましょう。

 

 

⇒夜泣きが発生するメカニズムを教えて。